土地の活用

クレーン

不動産を持っていることで住まいを持ったり店舗で営業をしたりすることができるので、それだけで資産運用が叶います。ですから、不動産を持っているということは将来的に大きな備えとなることですし、回りから見ても羨ましがられる要素となるでしょう。しかし、不動産でも使えるものとそうでないものがあります。特に建物を自由に建てることができないような土地は、遊休地となってしまうこともあるので、実際は税金や維持管理費でマイナスになってしまいます。このような時に最適な活用法となり得るのが、駐車場をつくることであり工事も簡単に済ませることができます。

あの時の土地の仮契約はいつも深く考えないで物事を決める私を非難する家族も、なぜかすぐ同意してくれたおかげで、居心地のいい住宅を建て満喫していて家族に感謝しています。住宅新築の施工店を決める時、設計者から、図面がひきやすい土地とほめられました。しかし、内心喜ぶのは早い、単なる施主に対するお世辞だと決めつけ疑心暗鬼でした。出来上がった図面は1、2階とも南面3室、駐車場2台、リビングの前に十分すぎるほどの庭付きでしたので、いい意味での期待はずれで家族一同大喜びとなり私の面目も大いに上がりました。4月して竣工して実際に住んでみると、南向きの恩恵を十分に受け、どの部屋も明るく、風通しもよく、展示場のモデルルーム並みの出来栄えに大満足しています。